LED照明・シャンデリアで空間演出

照明博士

明かり

heya

照明とは、暗い室内を照らすことで視環境の確保を行うことを目的とした道具である。部屋全体を照らすものと、ドレッサーやデスクなどで手元や一部だけを照らし、作業をしやすくするものがある。
最近は、照明が人の感情や心の健康に与える影響に注目が集まっており、リラックスできるように明るさを抑えたり、温かみのある色のものを用いるなど、空間演出や、心身を穏やかな状態にする効果のある製品を、取り入れる一般家庭も増えている。

メリット

照明のメリットとしては、空間を十分な明るさに整えることで、作業がしやすくなったり、躓きや他の家具にぶつかるなどのトラブルや、それによるけがを防ぐことができる。
暗い部屋で作業を続けていると、視力低下やがん性疲労の原因にもなる。子供たちにとって、十分な視環境を整えることは、発育段階でも大切なことである。
照明の色や形を変えるだけで、室内の雰囲気が全く異なって感じる。このような演出を効果的に利用することで、人間関係を良くしたりすることも可能である。

注意点

room

照明の注意点として、壁紙などの変色を引き起こす場合がある。また、電力を消費するので、明るくサイズの大きい照明を多様する場合などは、配置などに工夫が必要である。
消耗品でもあり、使い続けているとライト自体が変色することもある。また、虫が明るさに引かれて集まってくるので、衛生上の問題もある。
消費電力や耐久性などの対策は、LEDライトを活用することで改善が可能で、設置方法としては、反射などのライトの性質を利用した配置などを行う必要がある。

トップ

新着情報

2014/05/09
照明を更新しました
2014/05/09
天井を更新しました